利点と欠点とは

gf1120209840m

 

金ETFとは、金価格に連動した上場投資信託のことです。これはすべての証券会社でリアルタイムに取り引きすることができます。金ETFの価格は、一番安くて一口3000円から4000円ほどと、初心者でも手ごろな価格で投資ができるのが特徴です。

 
そんな金ETFですが、この利点は何でしょうか。一つは、上場しているため、株式と同じように取引することが可能という点です。リアルタイムでの取引は、上手に利用すればより安く購入し、よく高いところで売却することができます。

 
二つ目は、手数料が安く、保管コストがかからないという点です。唯一かかるものといえば信託報酬と売買手数料なので、現物で運用する際の手数料よりも安くつきます。

 
そして最後に、取引会社がもし倒産しても保護されるという点があります。金の現物の裏付けがある銘柄については、万一その取引会社が破綻しても保護される仕組みが守られているので、自分まで大きな損害を受けるということはありません。

 
一方で金ETFの欠点は、株式と違って利回りがないということです。よって、自身で安い時に購入し、高い時に売却するというタイミングを見計らう必要があります。初心者が始めるには価格としては手頃なものもありますが、しっかりと勉強してからでないと後悔することもあります。

Comments are closed.