金先物取引との相違点について

金は世界的に価値が認められている資産になります。そしてまた、最近では金の価値が高騰している傾向があります。その点を狙って、金を取引することで利益を上げる投資法を金投資と言います。

 
内容としては単純であり、最初に金を購入し、金の価値が上がったら売却することで、差し引きの利益を得る投資法です。

 
そんな金投資は、前述した通り金の価値は安定しているため、株価などのように暴落することがないのが強みです。もちろん価値が下がることはありますが、下がり過ぎることはありませんので、リスクをある程度抑えることができるのです。

 
また、最近は金CFDと呼ばれる金そのものを扱うのではなく、金の権利を取引するという投資法も現れています。これにより、現物がなくても取引可能となり、株取引と同じように投資できるようになりました。最近は少額で投資することもできたりと、金投資もだんだんと便利になってきているのです。

 
なお、金先物取引という取引法もありますが、こちらの取引は将来購入したり売却することを約束することで今の権利を得るという方法になります。金投資と同じように、購入した商品の価値が将来上がれば利益を出すことが可能です。

 
違いとしては、支払いに対して今すぐ取引の対価を払うか、取引の対価を将来払うかです。

Comments are closed.