金CFDって何?

投資商品は多いものですが、金を投資する人も増えてきています。なんといってもジュエリーとしての価値もあり、金貨などに変えることも出来ます。金の投資方法も多彩になってきました。

 
基本的には金は1グラムから取引が可能です。金を取り扱う業者で口座を開設して、始めます。金取引は土日関係なく、毎日行われています。日本では金価格+消費税で購入することが出来ます。この価格は業者によって多少違いがあるようです。

 
毎月定額の積立をしながら、購入する方法もあります。ドルコスト法とも呼ばれ、毎日一定金額を買い付けていくのです。金積立は一般的な投資法になっています。毎月5千円程度から始めることが出来るので、積立定期預金の感覚で行えます。

 
大きな違いは、金投資は売却しなければ利益が出ないことです。配当金や利息は一切付きません。もっと短期間で大きく投資をしたい人向けの商品として、金CFDがあります。

 
これは先物取引の一部で、証拠金を納めるとその何倍もの価格で取引をすることが出来ます。相場の読みが当たれば、大きなリターンを得ることが出来ます。もちろんリスクとしては、逆のパターンです。

 
あまり大きな金額では、リスクも大きいと考える人向けに、金ミニ取引があります。2万円程度から始めることが出来るので、初心者向けなのです。

Comments are closed.