Author Archive

金先物取引との相違点について

金は世界的に価値が認められている資産になります。そしてまた、最近では金の価値が高騰している傾向があります。その点を狙って、金を取引することで利益を上げる投資法を金投資と言います。

 
内容としては単純であり、最初に金を購入し、金の価値が上がったら売却することで、差し引きの利益を得る投資法です。

 
そんな金投資は、前述した通り金の価値は安定しているため、株価などのように暴落することがないのが強みです。もちろん価値が下がることはありますが、下がり過ぎることはありませんので、リスクをある程度抑えることができるのです。

 
また、最近は金CFDと呼ばれる金そのものを扱うのではなく、金の権利を取引するという投資法も現れています。これにより、現物がなくても取引可能となり、株取引と同じように投資できるようになりました。最近は少額で投資することもできたりと、金投資もだんだんと便利になってきているのです。

 
なお、金先物取引という取引法もありますが、こちらの取引は将来購入したり売却することを約束することで今の権利を得るという方法になります。金投資と同じように、購入した商品の価値が将来上がれば利益を出すことが可能です。

 
違いとしては、支払いに対して今すぐ取引の対価を払うか、取引の対価を将来払うかです。

利点と欠点について

最近になり、金の価値が高騰している傾向にあることはご存知でしょうか? 実はその状況をうまく使い、金を取引することえ利益を得る金投資と呼ばれる投資法が、最近注目されています。

 
金投資の内容は非情に簡単です。金を購入して、金の価値が高くなったら売却することで、購入代金を差し引きした分の利益を得るという投資法です。

 
そんな金投資は、世界的に資産価値が認められている金なので、価値は基本的に一定であり、大きな損をする可能性が低いという利点があります。
それに、金の価値に注目していることが大切であり、作業としては非情に単純なので、やりやすいというのもポイントです。

gf1420160078l
ただし、欠点も存在します。たとえ金であっても、絶対に値下がりしないわけではありませんので、場合によっては損をする可能性があることや、金を盗まれたりしたらどうしようもないということです。

 
ただし、最近は金CFDと呼ばれる、株式と同じように金の現物を持つことなく、権利を取引する形の投資法が生まれたので、盗まれることに対してはそれほど心配する必要はなくなってきています。
金投資は金の価値が高騰すれば高騰するほど利益が生まれる投資法です。
もしも、金の価値が今後もどんどん上昇していくと思うなら、狙い目と言える投資法なのです。

投資額とリターンの関係について

金CFDは証拠金を元にした商品先物取引によく似た仕組みの投資法です。現物取引はその場で売買が成立しますが、商品先物取引は商品を例えば1年後に買う、又は売る約束で証拠金を払い売買予約をする取引です。
現物での取引より安い証拠金で売買でき、期限が来た時に購入した時よりも価格が上がっていると、売買益が発生し利益が出る仕組みです。

gf1420096371l
では、金CFDは商品先物取引と何が違うかと言いますと、商品先物取引より少ない金額から購入ができて、より大きなレバレッジがかけられるためハイリターンが期待できます。また、取引時間もほぼ24時間可能なので、時間の空いた時にもできます。
メリットとしては、証拠金の最大20倍まで購入できますので、低い金額でも大きな取引が可能で、売買に成功すれば利益は大きくなり、少ない投資でハイリターンの関係が成り立ちます。売買方法も売り注文から始めることもできるので、投資のタイミングを逃さないとも言えます。
デメリットは相場の読みが外れた時、証拠金の最大20倍の取引ができるため、そのまま損失となるところがありハイリスクとなります。
金CFD投資は経験がものを言います。投資額の3倍の資金を目安にして用意をし、経験を積むまではレバレッジを控えて取引を始めることをお勧めします。

始め方とその手順について

金の資産としての特徴は世界中で換金可能で普遍的な価値があり価値がなくなることがないという点です。そうゆう意味で金投資は他の投資と比べ安心感もありますが反面やはりリスクも存在します。まず一つは金そのものには基本的に配当金や利子がないということともう一つは常に価格が変動する可能性があり国際取引はドル建てで行われるため為替レートの影響を受けるということです。

 
金投資の始め方の手順としてまず商品選びがあります。代表的な商品としては初心者向けの純金積立と投資に慣れた方向けの金CFDがあります。 ハイリターンを得たいのであれば金CFDです。金CFDの特徴は2つあります。一つは最大20倍のレバレッジををかけることが可能ということともう一つは買い注文だけでなく売り注文からも入れて価格が下降する時に利益を得ることが出来るという点です。金先物取引にも似ていますがより大きいレバレッジがかけられるためより少額からはじめられるようになっています。

 
また金CFDは深夜でも取引が可能です。ほぼ24時間取引可能なので時間のない人には好都合です。加えて欧米の金相場は深夜の時間帯が最も動きがあるので効果的な取引がねらえます。価格上昇時は買い注文を入れて価格が下落時は売り注文を入れることで売買差額で利益を得ていくのが特徴です。

金CFDって何?

投資商品は多いものですが、金を投資する人も増えてきています。なんといってもジュエリーとしての価値もあり、金貨などに変えることも出来ます。金の投資方法も多彩になってきました。

 
基本的には金は1グラムから取引が可能です。金を取り扱う業者で口座を開設して、始めます。金取引は土日関係なく、毎日行われています。日本では金価格+消費税で購入することが出来ます。この価格は業者によって多少違いがあるようです。

 
毎月定額の積立をしながら、購入する方法もあります。ドルコスト法とも呼ばれ、毎日一定金額を買い付けていくのです。金積立は一般的な投資法になっています。毎月5千円程度から始めることが出来るので、積立定期預金の感覚で行えます。

 
大きな違いは、金投資は売却しなければ利益が出ないことです。配当金や利息は一切付きません。もっと短期間で大きく投資をしたい人向けの商品として、金CFDがあります。

 
これは先物取引の一部で、証拠金を納めるとその何倍もの価格で取引をすることが出来ます。相場の読みが当たれば、大きなリターンを得ることが出来ます。もちろんリスクとしては、逆のパターンです。

 
あまり大きな金額では、リスクも大きいと考える人向けに、金ミニ取引があります。2万円程度から始めることが出来るので、初心者向けなのです。

利点と欠点とは

gf1120209840m

 

金ETFとは、金価格に連動した上場投資信託のことです。これはすべての証券会社でリアルタイムに取り引きすることができます。金ETFの価格は、一番安くて一口3000円から4000円ほどと、初心者でも手ごろな価格で投資ができるのが特徴です。

 
そんな金ETFですが、この利点は何でしょうか。一つは、上場しているため、株式と同じように取引することが可能という点です。リアルタイムでの取引は、上手に利用すればより安く購入し、よく高いところで売却することができます。

 
二つ目は、手数料が安く、保管コストがかからないという点です。唯一かかるものといえば信託報酬と売買手数料なので、現物で運用する際の手数料よりも安くつきます。

 
そして最後に、取引会社がもし倒産しても保護されるという点があります。金の現物の裏付けがある銘柄については、万一その取引会社が破綻しても保護される仕組みが守られているので、自分まで大きな損害を受けるということはありません。

 
一方で金ETFの欠点は、株式と違って利回りがないということです。よって、自身で安い時に購入し、高い時に売却するというタイミングを見計らう必要があります。初心者が始めるには価格としては手頃なものもありますが、しっかりと勉強してからでないと後悔することもあります。

銘柄の見極め方について

さまざまな資産運用方法がありますが、金投資によって資産運用される方が増えてきました。金投資でも色々な金融商品がありますが、投資信託である金ETFが注目を集めるようになってきました。

 
金の価格と上場投資信託が連動した資金運用方法が一般的となっていますが、一体どういうものなのでしょうか?投資家たちが投資をし、投資されたお金を使って運用のプロが運用利益を得た分、投資家たちに運用利益分を配布します。これが投資信託といわれるものですが、最近では証券会社での取引が可能となり、株と同様の方法で取引ができるようになりました。

 
従来では定められた窓口で投資信託を扱っていましたが、証券会社で取引ができるため手軽に資金運用できため人気になりました。EFTといわれる金融商品では1日1回の価格を決める通常の投資信託とは異なり、常時価格の変動が投資家たちに反映されるようになっています。

 
リアルタイムの信用取引によって、知識や経験を活かせる運用が注目されています。EFTのメリットとして少ない資金で運用ができるという点です。1口3000円程度から投資が始められますが、信託報酬という保有コストは少なからずかかってきますから、この信託報酬ができるだけ少ない銘柄を選ぶようにして低コスト化を目指します。

投資方針の重要性について

金ETFをはじめとする金融商品を使って、資産運用をする人も最近では増えてきています。預金をしていても、ほとんど利子がつかないのでお金を増やすためには投資以外に方法がないと考えている人も多いです。これから本格的に投資をしようと思っている人は、投資方針をしっかりと決めておくことです。

 
ここで重要なことは、どこまでで損切りをするかという点です。投資の場合預金とは違って、元本保証はありません。資産運用の仕方によっては、損失を計上する可能性があることをしっかりと頭の中に入れておくべきです。

 
そこでどこまでの損失であれば、何とかやっていけるかのラインを決めておくことです。このラインを決めておかないと、ズルズルいってしまって気が付いたときには取り返しのつかない状況になっていたということも起こりえます。

 
人間というのは、損失を計上していてもいつかは持ち直してくれるのではないかと思ってしまいがちです。そこで判断を先延ばしにしてしまい、手が付けられなくなることが多いです。ですから自分できちんとルール作りをして、これ以上の損失が出る前に損切りをして損失の規模を想定の範囲内にとどめておくと決めておきます。

 
ルールを作り、その中で運用をするのが投資の基本です。この部分を躓かないようにしてください。

金ETFってについて

金投資と呼ばれる投資法についてはご存知でしょうか? 金投資は名前の通り、金にお金を投資することです。その内容としては、購入した金の価値を見極め、価値が高くなったタイミングで売却することで利益を得るという投資法なのです。

 
金はもともと、世界的に価値のある資産として扱われています。そんな世界的に価値を認められている金ですが、最近では金の価値が高騰しているという傾向があります。

 
その点を利用し、金の価値が高くなることを見越して事前に金を購入しておき、期待通り価値が高くなったら売り払うことで、購入代金を上回る売却金による差し引きの利益を手に入れるのが金投資なのです。

 
そんな金投資は、金の価値の変動にさえ気をつけていればできることから、簡単にできる投資法として多くの人が注目しています。

 
ただし、金投資にも相応のリスクがあります。確かに金は価値の安定している資産ですが、それでも価値が常に上昇するわけではありません。場合によっては、価値が下がってしまい、損をすることもありえるのです。それに、もしも購入した金を盗まれてしまえば、投資したお金がすべてパアになってしまうのです。

 
ただし、最近は金ETFと呼ばれる、実際に金を持たず購入権利だけを取引する投資法もあるので、盗難に対する対策をすることは可能となっています。